Love Spiritual Peace(ラブスピース) college年間スケジュール
(変更あり)

2006年12月14日

要らない子なわけ

まず思い出したことは、4才の時に母の入院の為に妹と親戚の家に預けられて居たこと。

それから、中学生の時、父の長期入院で母が付き添いで名古屋に行くことになり、子供だった私達の面倒を見ることが出来ないため、私達姉妹は養女にだされる話があったこと。


この時、真ん中の妹も、下の妹も親戚が面倒を見ても良いよと名乗り出たが、私に対しては誰も名乗り出なかった為、私は施設に預けられる方向の話が私の目の前で行われた。


これか…
私が自分の事を要らない子、私が居ると皆が迷惑すると思うようになった訳…


私の中の私はどんな淋しかったことだろう…
受け入れられない悲しさ…
ずっと平気なふりをして来たんだ…


やっと気が付けた。
ずっと我慢してたんだね…
私は、愛されたいと願いながら受け入れられなかった恐怖から、自ら傷付かないように鎧を身につけ、拒絶してきたのか…


今日は、中学生の私をおもいっきりハグしてあげるイメージをしながら、眠りに就こうと思う(≧∇≦)
posted by 沐隣 at 22:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は、夢の中で私もhugしてあげるね♪
1人じゃないし、もう鎧はいらないよ^^



Posted by 花精 at 2006年12月15日 00:19
お!花精ちゃんがハグしてる〜〜(笑)

みんながいるって嬉しいね♪

Posted by 瑠璃 at 2006年12月15日 00:36
花精さん、瑠璃さんありがとうございますm(_ _)m
Posted by 沐隣 at 2006年12月15日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。